Uncategorized

クレジット現金化は商品券では不可能!その理由を徹底解説

クレジット現金化を希望する際、商品券で手続きができれば便利だと感じる人も多いでしょう。持っている商品券を買い取れれば、様々な場所での現金化が可能となります。しかし、本当にそのサービスが受けられるのか不安なところは多いでしょう。

この記事では、クレジットカード現金化業者で商品券の買取はできるのか説明します。また、実際に現金化を利用する際、どの業者を使えばいいのかおすすめの業者を紹介します。

クレジットカード現金化の種類

クレジットカード現金化の種類ですが、以下の2つに分類されます。

  • 買取形式
  • キャッシュバック形式

全ての買取方式はこのように分類されていきます。現金化の種類により、手法などが変わってくるため注意が必要です。買取方式は基本的に商品を購入して売却する方法であり、キャッシュバック形式は購入した商品から大半の金額を返してもらうという

ここからは、クレジットカード現金化の種類について詳しく説明します。

買取形式

クレジットカード現金化の方法で使われているものの、最近は減っているのがこの方法です。具体的な手法は以下の通りとなります。

  1. クレジットカードで商品を購入する
  2. 購入した商品を専門の業者に売却する
  3. 商品を買い取って現金化する

この手法によって現金化が行われます。

基本的に利用者は、業者から現金化に必要な商品を購入するように求められます。その購入した商品を買取業者に売却し、売却した時に得られた金額が現金化という形で支払われます。

一見すると問題が無いように思われますが、手間がかかる方法でもあります。1つの業者だけで解決するものではなく、購入した商品を買い取ってもらう業者に依頼する必要があります。その上で現金化という作業が入りますので、すぐに現金化ができる方法ではありません。

短時間での現金化に向いていないという点から、近年はクレジットカード現金化で採用されていない傾向が多くなっています。また、別の理由により違法という判断がされており、使えなくなっているのも事実です。違法という部分については後ほど詳しく説明します。

キャッシュバック形式

近年増えているのがこちらのキャッシュバック形式です。具体的な手法は以下の通りとなります。

  1. カード業者が指定した商品を購入する
  2. 購入金額から手数料を差し引いて現金をキャッシュバックする
  3. 指定した口座に現金が振り込まれる
  4. 購入した商品が届く

このような方法となります。

買取形式と異なるのは、1つの業者ですべての手続きが完了するという点です。買取形式では購入した商品を買取る業者が必要となりますが、キャッシュバック形式では1つの業者で全ての手続きを終えられるため、短時間で現金化が可能となります。

また、キャッシュバック率は業者側が設定できますが、この数字が高くなっている場合もあります。現金化の金額によっては、かなり大きな割合が期待できるなど、現金化される金額の目安が付けやすいというメリットも持っています。

ただ、購入した商品に価値が無いため、基本的に商品は現金化するための道具と考えてください。この商品が発送される業者もありますので、受け取りが必要な場合はしっかり受け取りの手続きまで完了させてください。

商品券の買取はどちらに属するか?

商品券の買取は買取形式に該当します。これは商品券をクレジットカードで購入し、その商品券を売却して現金化するという方法になるため、買取形式と全く同じ手法が取られているのです。

キャッシュバック形式であれば、基本的に買取業者が商品を発送したとしても、その商品を売却する必要はありません。商品券の場合は現金化に売却の必要があるため、買取形式と判断してください。

買取式は違法なのか?

買取形式による現金化ですが、これは違法です。

その理由についてですが、買取形式で商品を売却する際、業者は古物商営業許可を取得していなければなりません。しかし、クレジットカード現金化を行っている業者の大半は、買取形式でも古物商の許可をもらっていないことが多く、本来なら買取形式でサービスを提供できる状況ではないのです。

また、買取形式の場合、商品の所有権の問題もあります。クレジットカードの利用代金を支払うまで、所有権はカード会社が保有している形になります。この支払を終えていないのに売却して現金化するのは、所有権のルールでも違法と指摘されています。いわゆる横領罪に該当するのではないかと疑われているのです。

過去の逮捕事例では、天然石をクレジットカードで購入させ、その天然石を買取る形で現金化させていた事例があります。この方法は出資とは言いづらい方法ではありますが、実際には高金利でお金を貸していると判断され、関係者が逮捕されています。他にも同様に商品を買い取ってクレジットカード現金化していた業者の逮捕事例があります。

古物商許可を持っていて、番号を開示している場合には違法という判断を受けない場合もあります。現金化業者が取得しているケースは非常に少ないため、基本的に違法という判断をしてもいいでしょう。

どんなリスクが潜んでいるか?

買取形式の場合、買取金額を大幅に下げられてしまい、本来の金額で現金化できない可能性があります。業者側が勝手に買取金額を操作するなどして、想定していた金額よりも現金化できないケースがあるため、安心して現金化手続きができない点もあります。

また、買取形式では商品を大量に購入する必要があります。同じ店で大量に商品を購入している事例は、クレジットカード業者が怪しいと感じてしまい、カードの利用停止処分を受けるケースが多くなっているのです。持っているクレジットカードが今後使えなくなるリスクは非常に大きく、できる限り買取形式は利用しないほうが望ましいのです。

キャッシュバック方式は違法なのか

一方でキャッシュバック形式ですが、こちらについては違法という判断はされていません。

正確には違法ではないかという疑いを持たれていますが、現時点でキャッシュバック形式が明確に違法という判断はされていないため、安心して現金化が可能です。

キャッシュバック形式では、古物商許可は必要ありませんし、商品についても売却する必要はありません。このため、古物商の違反や横領罪などの問題が解消され、違法とされる部分はなくなっています。

ただ、キャッシュバック形式は業者側が設定した換金率によって現金化する必要があります。その換金率があまりにも悪い、または現金化手続き直前に変更されるといった悪質な行為も確認されています。安心して現金化する場合は信頼できる業者を見つける必要があるでしょう。

信頼できる業者を選び方

信頼できる業者の選び方についてですが、以下の基準を目安に考えるといいでしょう。

  • 換金時のトラブルが報告されていない
  • 親身になって対応してくれる
  • 多くの人が利用している
  • 換金率をある程度保証している

こうした要素を中心に、信頼できる業者を見つけるといいでしょう。

何よりもトラブルが起こらない業者を選んでください。トラブルを起こしている業者は不安材料が多くなり、現金化がスムーズにできない可能性もあります。まずは安心して現金化できる業者を探すのです。

次に親切に対応してくれるなど、電話対応等の部分で問題がないか見ておきましょう。電話対応に問題がなく、多くの人が利用しているという情報があれば、このクレジットカード現金化業者は安心してできると判断できます。

多くの人が利用している情報は、業者側が利用者について公表しているか確認してください。1万人以上の利用者がいると説明していれば、利用者がそれなりに多いと判断できます。

他にも一定の換金率を保証しており、明らかに低い換金率を提示されない業者も信頼できるのでオススメです。80%以上の換金率を保証している業者は安心できるでしょう。

信頼できる業者3選

クレジットカード現金化業者は多数あります。その中で最適な業者を見つける必要があります。

先ほども紹介したとおり

  • 換金時のトラブルが報告されていない
  • 親身になって対応してくれる
  • 多くの人が利用している
  • 換金率をある程度保証している

この基準を踏まえた安心できる業者を探しましょう。特に信用できる3つの業者を紹介します。

ゼロスタイル

ゼロスタイルは16年サービスを提供している老舗業者です。

これまでクレームが発生したことが1件もないと説明しています。サービスを長く提供し、問題を起こしていないという部分で信頼できる業者と言えるでしょう。

また、各種手数料が0円となっている他、見積もりを取るだけであれば無料で対応してくれます。問い合わせだけで現金化を求められるという問題がないため、安心して相談できる点も見逃せないところです。

これまでに利用している人も18,000人以上に到達しており、多くの方に利用されている業者です。信頼して現金化したいと考えているならゼロスタイルを検討しましょう。

運営会社 ゼロスタイル
ホームページ https://zero-style.org
住所 東京都渋谷区渋谷2丁目7番13号
最大換金率 99.2%
振込時間 最短5分
土日祝日営業 営業
営業時間 9:00~20:00
取り扱いクレジットカードブランド VISA,MASTER,JCB,AMEX,Diners
設立年月 記載なし
キャンペーン なし

安心クレジット

安心クレジットは、最短3分で振り込むというスムーズな手続きに定評のある業者です。

安心クレジットはゼロスタイル以上に利用している人が多く、これまでに10万人以上の現金化を実現しています。こちらも設立してから20年と、長くクレジットカード現金化サービスを提供している信頼性があります。

また、利用者の評価であるユーザー満足度は87%と高い数字を誇っており、多くの利用者が安心クレジットで満足できる現金化を実現しています。こうした安心できる要素を多数持っており、現金化のトラブルも目立って起きていない安心クレジットは、現金化初心者の方も安心して依頼できます。

運営会社 あんしんクレジット
ホームページ https://www.anshincredit.net/
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4
最大換金率 99.2%
振込時間 最短3分
土日祝日営業 営業
営業時間 9:00~20:00
取り扱いクレジットカードブランド VISA,MASTER,JCB,AMEX,Diners
設立年月 2016年
キャンペーン 成約者全員に換金率5%アップキャンペーン

ハピネス

ハピネスも利用者が多い現金化業者の1つです。

2017年の上半期に利用者が1万人を突破するなど、多くの方に利用されています。リピーターも多く存在しており、88.2%の利用者が2回目の利用を行っているなど、信頼性という部分は高く評価できます。

他にも換金率の目安がホームページで確認できるなど、現金化に必要な情報を確認しやすい傾向があります。

親身になってサポートしてくれるなど、電話連絡の対応が非常にいい業者でもあります。これまでに現金化でトラブルを起こしていないなど、安心してクレジットカード現金化手続きができる点も評価できます。安心感を得たいならハピネスを検討してもいいでしょう。

運営会社 HAPPINESS(ハピネス)
ホームページ https://0120949202.com/
住所 東京都渋谷区神宮前4-1-24
最大換金率 98.8%
振込時間 最短3分
土日祝日営業 営業
営業時間 9:00~22:00
取り扱いクレジットカードブランド VISA,MASTER,JCB,AMEX,Diners
設立年月 記載なし
キャンペーン 紹介者に2万円プレゼントキャンペーン

クレカ現金化のリスク

クレジットカード現金化は非常に高いリスクがあります。特にカード会社の利用規約に違反しているという点に気をつけてください。

全てのクレジットカードは、現金化を禁じている利用規約が存在します。クレジットカード現金化というのは、この規約に違反していることとなりますので、現金化後にカードの利用停止処分を受ける可能性があります。

利用停止となったクレジットカードは使えません。また、一括での返済を求められる可能性があるなど、高額な返済に直結するケースもあります。利用する際はリスクを考えた上で、本当に現金化すべきか慎重に判断してください。

まとめ

クレジットカード現金化で商品券を売却する方法は不可能となっています。これは違法に該当する買取形式となっているため、多くの業者が利用するリスクを考慮しています。利用する側としても、カードの利用停止を受けやすいなど、非常に問題が発生しやすいのです。

どうしてもクレジットカード現金化を利用するなら、キャッシュバック形式を採用している業者を検討してください。キャッシュバック形式であればグレーゾーンではありますが、明確に違法という判断はされていません。カードの利用規約に違反しているという問題を踏まえて、現金化すべきか判断しておきましょう。

-Uncategorized

© 2021 クレカ現金化は違法なのか?過去の逮捕事例から分かること Powered by AFFINGER5