Uncategorized

悪用・流用されない?クレカ現金化に個人情報を開示して大丈夫?

クレカ現金化では個人情報を提示するように求められます。個人情報を確認し、本当に本人がクレカ現金化を希望しなければ、不正にカードを利用されている可能性があるためです。しかし、クレカ現金化だけで個人情報を提示するのは不安もあるでしょう。

この記事では、クレカ現金化で個人情報を提示する際のリスクについて説明します。また、信頼できるクレカ現金化業者を見つけるためのポイントについても解説します。

そもそも個人情報を出さずにクレカ現金化することは可能?

個人情報を出さずにクレカ現金化を行うのは不可能です。

全てのクレカ現金化業者は、個人情報を提示しなければ現金化に応じられないようにしています。これは、申込時に個人情報を入力しなければ、現金化ができないように会社側で決めているためです。この申込情報を基にして確認が行われ、本人確認書類を見て問題がなければクレカ現金化が可能という判断をしています。

個人情報を隠してクレカ現金化を利用する方法は、本人以外が利用している可能性が高くなるなどの理由から、トラブルが起こりやすくなってしまいます。業者としても本人以外の利用者が使うクレジットカードを現金化したことでトラブルになる問題は避けたいと考えており、本人確認は徹底しているのです。

なぜクレカ現金化で個人情報を求められるのか?

クレカ現金化で個人情報を求めている理由は、本人がカード現金化しているという情報を確認したいためです。要はクレジットカードの不正利用を防止するために行われています。

クレジットカードは、カード番号とセキュリティコードさえ確認できれば、本人以外でも利用できます。しかし、クレカ現金化のように、大きな金額を現金化する際、個人情報を確認しないで手続きを終わらせてしまうと、本人以外の人に現金を渡してしまうというリスクがあります。そのため、個人情報の確認で本人なのか判断しているのです。

クレジットカードの番号だけでは本人の判断がつけられない以上、クレカ現金化業者が安心して現金化を実現するために、個人情報による確認作業が必要不可欠となっているのです。

個人情報が流出すると発生するリスク

個人情報が流出すると発生するリスクは以下の通りです。

  • 迷惑メールや勧誘の電話が頻繁にかかる
  • 架空請求の対象になる
  • 他のサービスに個人情報を不正利用される
  • 情報売買され悪徳業者に知られる恐れが高まる

こうしたリスクが高まります。

迷惑メールや勧誘の電話は、主に悪徳業者が行います。興味のないメールや勧誘の電話が何度もかかるようになり、これに応じない場合は延々と連絡を入れるなどの問題が発生します。携帯電話の番号が流出すると、知らない業者から連絡が入るなどの問題が多くなり、精神的なダメージを与える原因となります。

架空請求については、業者が住所や名前、メールアドレスを利用して本来なら行わない請求を通知してくるものです。そして、メールに記載されているリンクをクリックすると、更にトラブルに巻き込まれるという仕組みとなります。架空請求以外にも、セキュリティがおかしいという名目でメールを送り、リンクをクリックしてパソコン内にある個人情報をさらに抜き取る方法を利用される場合があります。

また、個人情報が不正利用されると、登録していないサービスに自分の個人情報が使われている可能性もあります。悪徳業者に売却された結果、本来なら登録する必要がないサービスに個人情報を利用されており、このサービスから料金を支払っていないなどの理由で連絡が入るなど、さらなるトラブルに発展するケースもあります。

他にも個人情報の売買によって悪徳業者に情報が伝わりやすくなるリスクもあります。個人情報は裏で売買されていると常に言われていますが、流出している情報については売買されている可能性が高いのです。流出によって、知らない人に個人情報が売られる恐れもあるため、できる限り個人情報の流出は避けなければなりません。

クレカ現金業者は個人情報の管理は大丈夫?

ここで気になるのが、クレカ現金化業者は本当に個人情報をしっかり管理しているのかという話です。この個人情報については、適切な管理をしているので安心してください。

大半のクレカ現金化業者は、ホームページ上に個人情報は現金化以外に利用しないと明記しています。現金化が完了すると、基本的にその個人情報は破棄しています。また、流出しないようにセキュリティをしっかり行っている業者も多く、個人情報が流出するというリスクはありません。

ただ、信頼できる業者へ依頼しなければ、クレカ現金化時に個人情報が漏れてしまう可能性があります。クレカ現金化を利用する際は、信頼できる業者とそうではない業者の見分け方が重要になります。本当にこの業者を利用しても大丈夫なのか、安心して利用するための情報をしっかり確認しておきましょう。

ネットを経由したセキュリティ管理の手法

ネットを経由したセキュリティ管理の手法としては、ネットワークセキュリティを導入するケースが多くなっています。

ネットワークセキュリティを導入すると、不正アクセス等を防止して個人情報の保護が可能となります。何も導入していない状態に比べると、圧倒的にネットワーク上のセキュリティが向上し、個人情報流出と言ったトラブルが起こりづらくなります。ただ、確実に防ぎきれるわけではないため、セキュリティを複数併用している場合もあります

また、個人情報については適切な管理を行うようにして、利用しないものについては速やかに破棄するなどの対応も取っています。こうして個人情報が流出するというリスクを出来る限り減らし、ネットワーク上で情報が出てしまうという問題をクレカ現金化業者は避けているのです。

信頼できる業者とそうじゃない業者の見分け方

クレカ現金化は信頼できる業者とそうではない業者に分けられます。この見分け方については以下の情報を参考にしましょう。

  • 個人情報についてホームページで明記している
  • 利用者が比較的多い
  • 個人情報を確認している
  • ホームページに記載する情報が多い

こうした内容を確認するといいでしょう。

全てのクレカ現金化業者は、本来個人情報の扱いについて記載する必要があります。この記載が正しくできていない場合、個人情報を売買する可能性などもあります。必ずホームページ上で個人情報の扱いをどのようにしているか確認してください。

また、利用者が比較的多くホームページに記載されている情報量が多いのも信頼できる業者となります。利用している人が多いことで安心できる業者の1つと判断できますし、ホームページに記載されている情報が多ければ多いほど、情報を信頼して現金化できると判断できます。

最後に、クレカ現金化の際に個人情報を確認している業者は信頼できます。クレカ現金化では身分証明書などで情報確認を行っていますが、これを行っていない業者は誰が現金化を利用しているのかわからないまま現金化を実施します。個人情報を現金化後にどうするかもわからない業者が多いため、できる限り個人情報を確認している業者に依頼しましょう。

信頼できる業者3選

ここからはクレカ現金化時に信頼できる業者を3つ紹介します。

先ほど紹介しましたが

  • 個人情報についてホームページで明記している
  • 利用者が比較的多い
  • 個人情報を確認している
  • ホームページに記載する情報が多い

これらの情報を中心に信頼できる業者を見つけるように心がけましょう。

ゼロスタイル

ゼロスタイルは利用者が18,000人を超えている人気の現金化業者です。

個人情報については、ホームページに情報の扱いが記載されているため、安心して提供できます。また、クレームが入ったことのない業者と説明しているなど、トラブルに発展する問題を作らない業者でもあります。悪質な業者に対する啓発活動を行っている、安心感のある現金化業者と言えます。

身分証明書による個人情報の確認に加えて、ホームページに現金化までの手順や細かい説明が記載されている点で、信頼性の高い業者となります。

運営会社 ゼロスタイル
ホームページ https://zero-style.org
住所 東京都渋谷区渋谷2丁目7番13号
最大換金率 99.2%
振込時間 最短5分
土日祝日営業 営業
営業時間 9:00~20:00
取り扱いクレジットカードブランド VISA,MASTER,JCB,AMEX,Diners
設立年月 記載なし
キャンペーン なし

安心クレジット

安心クレジットは、10万人以上が利用している信頼性の高い業者です。

こちらもホームページに個人情報の扱いが記載されている他、換金率以外の情報は細かく記載しているため安心感があります。身分証明書による確認作業も行っていますので、安心して現金化が依頼できます。

利用者が非常に多いものの、個人情報流出といったトラブルはありません。安心感が非常に強い業者と言えるでしょう。

運営会社 あんしんクレジット
ホームページ https://www.anshincredit.net/
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4
最大換金率 99.2%
振込時間 最短3分
土日祝日営業 営業
営業時間 9:00~20:00
取り扱いクレジットカードブランド VISA,MASTER,JCB,AMEX,Diners
設立年月 2016年
キャンペーン 成約者全員に換金率5%アップキャンペーン

ハピネス

ハピネスも利用者が比較的多く、知名度の高い業者です。

ハピネスはホームページ上に細かく情報を記載しており、現金化の手順や安心できるポイントなどがわかります。他にも個人情報の扱いについて明確な記載があります。

現金化時には個人情報の確認を徹底するなど、安心して現金化ができる手続きを実現してくれます。キャンペーンによって現金をプレゼントしている点も魅力的でしょう。

運営会社 HAPPINESS(ハピネス)
ホームページ https://0120949202.com/
住所 東京都渋谷区神宮前4-1-24
最大換金率 98.8%
振込時間 最短3分
土日祝日営業 営業
営業時間 9:00~22:00
取り扱いクレジットカードブランド VISA,MASTER,JCB,AMEX,Diners
設立年月 記載なし
キャンペーン 紹介者に2万円プレゼントキャンペーン

個人情報の管理は忘れずに

個人情報の管理は業者だけでなく、個人でも行う必要があります。

業者側が徹底して対策をしたとしても、個人的に誤って情報を流出させてしまうと、現金化以外の部分で個人情報の漏洩が発生します。現金化を希望する場合は、個人情報を現金化以外には出さないようにしっかり対策を立てましょう。管理しなければならない情報が多い場合は、個人情報を1つ1つチェックして問題がないか見ておくのです。

現金化以外のところで個人情報を外部に出さないためにも、個人情報の扱いには十分気をつけるようにしましょう。

まとめ

クレカ現金化では個人情報の確認を徹底しています。また、安心できる業者は個人情報を流出させないための対策もしっかり実施しており、安心して現金化ができるようにしています。本当に安心できる業者であれば、個人情報漏洩による問題が発生せず、利用後のトラブルも避けられるでしょう。

ただ、クレカ現金化はカード会社が禁止している手法です。利用するとカードの利用停止等のトラブルが発生する場合もあります。個人情報以外の部分もしっかり確認してから依頼を出しましょう。

-Uncategorized

© 2021 クレカ現金化は違法なのか?過去の逮捕事例から分かること Powered by AFFINGER5