Uncategorized

クレジット現金化は未成年では利用できない?気を付けるべきこと5選

クレジット現金化は社会人を中心に利用されているサービスです。しかし、未成年でも現金化ができるという噂があります。実際に未成年でもクレジット現金化ができればお金を確保しやすくなりますが、本当にできるか不安な部分も大きいでしょう。

この記事では、未成年でもクレジット現金化ができるのか説明します。また、現金化する際の注意点や、未成年がクレジットカードを保有することができるのかなど、現金化に必要な情報を解説します。

クレジット現金化は未成年でも出来るのか?

クレジット現金化は未成年でも利用可能なサービスです。

クレジットカードは18歳以上で保有できます。18歳になり、ある程度の収入を確保してからクレジットカードを発行し、そのカードを利用して現金化を行っても問題になりません。未成年だからという理由で現金化業者も利用不可という判断は行いません。

18歳以上の未成年でクレジットカードを保有するのは少し難易度が高い傾向にありますが、審査基準の甘いクレジットカードもありますので、発行しやすいカードを選べばすぐにクレジットカードは手に入るでしょう。

ただ、18歳未満の未成年は利用できません。これはクレジットカードを発行できないためです。自分が持っているクレジットカード以外は基本的に現金化できません。また、18歳未満では家族カードも利用できないため、現金化するための手段は用意されていないのです。

未成年がクレジット現金化する際に気を付けること5選

未成年がクレジット現金化を利用する際、気をつけるポイントを5つ紹介します。

利用可能枠が小さい

未成年が保有しているクレジットカードは、利用可能枠が小さく設定されています。これは返済能力が不足していると判断されるため、あまり大きな利用可能枠を設定しないためです。

クレジット現金化では、利用可能枠の上限まで現金化手続きが可能となっています。利用可能枠が小さいカードでは、現金化できる範囲が狭くなってしまいます。大きなクレジット現金化はできない可能性が高くなるため、少額の利用に留める必要があります。

換金率が高くならない傾向あり

クレジット現金化の換金率が低くなり、あまり多くの金額が換金されない可能性があります。

クレジットカードの利用可能枠が小さいものでは、現金化業者が少しでも多くの利益を獲得したいと判断し、換金率を下げる傾向があります。その結果、10万円程度の現金化で70%台の数字を提示される可能性もあり、最大の換金率よりも大幅に低い数字で現金化手続きをすることになります。

クレジット現金化は、現金化する金額によって換金率が変動します。少額では換金率を高められない点に気をつけておきましょう。

電話連絡は携帯電話に設定

クレジット現金化の電話を自宅に入れられると、家族に現金化を知られる可能性があります。電話連絡は自分の携帯電話に設定し、他人に手続きを知られないように調整しましょう。

1人暮らしだったとしても、できる限り携帯電話に連絡先を設定したほうがいいでしょう。外出先で連絡を取れるようにするためにも、携帯電話番号で申し込むように心がけるのです。

身分証明書をしっかり準備する

身分証明書を保有しないと、クレジット現金化ができない業者も多くあります。

現金化業者は、本人の情報が正しいものか身分証明書で確認しています。身分証明書を提出できなかった場合、本人以外が現金化手続きをしている可能性があるため、利用不可と判断され現金化されません。

身分証明書としては以下の書類から1つを提出する必要があります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

こうした書類の中から1つを選択して提出することとなります。未成年でも運転免許証やパスポートは取得できますが、運転免許証は免許を取らない人には取得できない身分証明書です。免許を取る予定がなければパスポートかマイナンバーカードを選んでおきましょう。

家族カードの場合は同意が必要

家族カードを保有している場合、家族に同意を取らないと現金化ができない場合が多くなっています。

家族カードは、本契約をしている人が代金を支払う形になります。勝手に現金化手続きを行うと、カードを契約している家族に知られてしまい、怒られてしまいます。この結果、家族カードを解約されるなどの問題も起こりやすくなります。

どうしても現金化が必要であれば、家族カードで現金化してもいいのか相談してください。そして同意を得てからクレジット現金化の手続きを進めると安心です。

未成年がクレジットカード現金化する方法

未成年がクレジットカード現金化をする方法は、まずクレジットカードを発行しなければなりません。未成年がクレジットカードを発行する方法については後ほど解説します。

クレジットカードを発行した後は、以下の流れに沿って現金化手続きを進めてください。

1.クレジットカード現金化業者に申し込む

まずはクレジット現金化業者に申し込んでください。大半の場合はホームページから申し込みが可能です。

ホームページから申し込む場合、申し込みフォームに情報を入力する必要があります。以下の情報は多くの業者で必要となるため、しっかり入力してください。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 連絡先電話番号
  • 希望する金額

こうした情報以外に、個別に業者側が必要としている情報を入力して送信してください。

業者によっては年齢を記載するよう求められる場合があります。ここで虚偽の記載をすると現金化できないため、正しい情報を記載してください。

2.現金化業者からの確認連絡に出る

現金化業者からの確認連絡が入りますので、この電話に出てください。

電話では申込内容の確認、そして現金化を行う際に必要な換金率について説明されます。同意した場合は次の手続きに進み、同意できない場合はここで連絡を切って他の業者に相談するといいでしょう。

3.身分証明書を提出する

身分証明書の提出が必要な業者の場合は、身分証明書を提出して本人確認を行ってください。提出方法は画像データをメールで送付する方法が多くなっています。

身分証明書は運転免許証やパスポートなどで問題ありません。未成年でも取得できますが、誰でも簡単に取得できるマイナンバーカードを検討するのもいい方法です。

この提出が終われば次に進みます。

4.クレジットカードで商品を購入する

指定されたサイトで商品を購入します。ここで利用するクレジットカードが現金化の対象となりますので、慎重にカード番号等を確認して買い物を済ませてください。

買い物が終われば現金化業者が手続きを進めます。

5.現金の振込を確認する

業者から現金が振り込まれますので、この金額が正しいのか確認してください。問題がなければ現金化手続きは終了となります。

なお、商品が発送される場合もありますので、購入した商品は後日受け取ってください。

クレジットカードを未成年が作る方法

クレジットカードを未成年が作るためには、以下の方法を採用するといいでしょう。

  • 学生用クレジットカードを発行する
  • 家族カードを契約してもらう
  • 審査の甘いクレジットカードを発行する

この方法があります。

大学に進んでいる人は、学生用クレジットカードを発行できます。学生用のクレジットカードは収入がない人も、親の収入で審査を通過できるため、未成年でもクレジットカードを発行できます。

また、親から家族カードを発行してもらう方法があります。家族カードの場合は学生用のカードに比べて使いやすいものを入手できる可能性があります。ただ、現金化のためには親の同意が必要となるなど、普段の利用以外では使いづらい傾向があります。

自分名義のクレジットカードを発行したい人は、審査の甘いクレジットカードを狙って発行するといいでしょう。特に年会費永年無料で知名度の高いクレジットカードは、審査基準を下げている傾向があり、発行しやすくなっています。まずは知られているカードに申し込んでみるといいでしょう。

裏技として、家族のクレジットを使うあるが…

クレジット現金化の裏技として、家族のクレジットカードを現金化するという方法があります。

本人確認までは本人名義の情報が必要となりますが、買い物の際に利用するクレジットカードは本人名義以外でも対応できます。つまり商品を購入する段階で家族のクレジットカードを使えば、自分がクレジットカードを持っていなくても現金化が可能となるのです。

しかし、家族に知られると大変なことになります。叱られるのはもちろんですが、それ以外にも利用規約違反で家族のクレジットカードが利用停止になり、余計な負担をかけてしまいます。

更に現金化後の支払いも家族が担当することになるため、事前の説明無しで現金化するとトラブルに発展する可能性が高くなります。どうしても利用するなら家族に相談してから行いましょう。

利用するなら以下の業者がおススメ

これからクレジット現金化を行う場合、以下のポイントを踏まえて業者選びを考えてください。

  • 未成年でも利用できる
  • 信頼性が高い
  • 家族カードでも現金化可能
  • 対応が丁寧

こうしたポイントを踏まえ、最適な業者を選びましょう。

ゼロスタイル

ゼロスタイルは「3つの0」を掲げ、信頼性の高さをアピールしている現金化業者です。

手数料やトラブル、そして見積もりを出すだけなら無料で対応してくれるという点は、未成年でも安心して現金化手続きができる要素に繋がります。特にトラブルを起こしていない点は安心できるポイントで、勝手に個人情報を流出するといった問題も起こしていません。

未成年でも本人確認ができれば現金化を進めてくれるため、安心して現金化手続きをしたいならゼロスタイルを検討しましょう。ただ、本人名義のクレジットカードしか利用できないため気をつけてください。

運営会社 ゼロスタイル
ホームページ https://zero-style.org
住所 東京都渋谷区渋谷2丁目7番13号
最大換金率 99.2%
振込時間 最短5分
土日祝日営業 営業
営業時間 9:00~20:00
取り扱いクレジットカードブランド VISA,MASTER,JCB,AMEX,Diners
設立年月 記載なし
キャンペーン なし

安心クレジット

10万人以上が利用している、知名度の高い現金化業者です。

申込に必要な情報が少なく、クレジットカードが発行できる18歳以上であれば基本的に利用できる業者ですので、未成年が利用できないという問題は起こりづらくなっています。また、利用者の満足度87%と、安心感の高い業者です。利用者が満足できる現金化に期待できる業者でもあります。

ただ、ホームページに記載されている情報が少ないため、利用する際は事前に問い合わせなどの確認をしたほうがいいでしょう。

運営会社 あんしんクレジット
ホームページ https://www.anshincredit.net/
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4
最大換金率 99.2%
振込時間 最短3分
土日祝日営業 営業
営業時間 9:00~20:00
取り扱いクレジットカードブランド VISA,MASTER,JCB,AMEX,Diners
設立年月 2016年
キャンペーン 成約者全員に換金率5%アップキャンペーン

ハピネス

ハピネスも現金化業者では高い信頼性があります。リピーターが88.2%と多く、何度利用しても安心して現金化できる業者です。

未成年でも現金化手続きがしやすいように、1つ1つの対応をしっかり行っています。また、問い合わせなどにも丁寧に対応してくれるため、現金化でわからないところも簡単に相談できるでしょう。

ハピネスは家族カードでの現金化が可能になっています。事前に親への同意を得る必要はありますが、家族カードを使ってクレジットカード現金化ができるのはいいところでしょう。

運営会社 HAPPINESS(ハピネス)
ホームページ https://0120949202.com/
住所 東京都渋谷区神宮前4-1-24
最大換金率 98.8%
振込時間 最短3分
土日祝日営業 営業
営業時間 9:00~22:00
取り扱いクレジットカードブランド VISA,MASTER,JCB,AMEX,Diners
設立年月 記載なし
キャンペーン 紹介者に2万円プレゼントキャンペーン

まとめ

クレジット現金化は未成年でも可能です。利用する際はクレジットカードの準備なども必要ですが、未成年でも利用しやすい業者選びも大切です。先ほど紹介した業者を中心に、現金化を希望する場合は相談してみるといいでしょう。

なお、クレジット現金化はカード会社の利用規約違反に該当します。現金化後にクレジットカードが使えなくなるといった問題もありますので、利用する際は慎重に検討してください。

-Uncategorized

© 2021 クレカ現金化は違法なのか?過去の逮捕事例から分かること Powered by AFFINGER5